lib2015blog

安全性の考え方

コメントする

安全性の考え方 武谷三男編

DSCN3845

この本は次の各項から成っている。

1 主婦のちから

2 小児マヒと母親

3 水俣病

4 公害の街・四日市

5 沼津市・三島市・清水町住民の勝利

6 三井三池の悲劇

7 白ろう病

8 原子力の教訓

9 薬の危険性

10 加害者と数字

11 「原因不明」のからくり

12 法律の限界

13 安全性の哲学

一つだけ引用させていただく。P219にある。

「これは”危険が科学的に証明されなければ、それまでは禁止しない”ということだが、しかし、世界中に、水銀を日本のようにバラまいている国がどこにあるか。水銀農薬で、一人でも、二人でも。。」

「それを称して”科学的”というのだからあきれ返る。あきれるばかりでなく、それこそ、”危険な科学”になってしまう。」

これが1967年。

安全性の考え方 (岩波新書 青版 644)
岩波書店
売り上げランキング: 648,289
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中