lib2015blog

三星堆・中国古代文明の謎―史実としての山海経

コメントする

タイトルをみたとき、目を疑った。「史実としての山海経?」。。。。買おうかどうか相当迷った。

山海経は、そのときは手元から離していた。別役実のエッセイだったか「山海経という荒唐無稽な。。」というのをみて、それを手元に置いていた。

むしろ。。抱朴子の人柄、人徳が気に入っていた。

その。。。山海経の遺跡の発掘の本。。荒唐無稽な想像力がつくりだした本とおもっていたのだったが。。覆されてしまった。たしかに。。知らないそれを話できけば、そうみてもおかしくないかもしれない。自重もするところ。

三星堆・中国古代文明の謎―史実としての『山海経』 (あじあブックス)
徐 朝龍
大修館書店
売り上げランキング: 20,713

 

抱朴子/列仙伝/神仙伝/山海経 (中国の古典シリーズ 4)
葛 洪 劉 向
平凡社
売り上げランキング: 441,510

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中