lib2015blog


コメントする

珈琲一杯の薬理学

DSCN5519

「コーヒーの処方箋」を、新宿の南口の紀伊國屋書店で手に入れたあと(そこは閉店するという情報をみたが。。店員さんも優れていい本屋なのに)、古本屋でみつけて買ったもの。

珈琲一杯の薬理学
珈琲一杯の薬理学

posted with amazlet at 16.06.01
岡希太郎
医薬経済社
売り上げランキング: 570,744


コメントする

コーヒーの処方箋

DSCN5520

コーヒーの処方箋
コーヒーの処方箋

posted with amazlet at 16.06.01
岡希太郎
医薬経済社
売り上げランキング: 349,133

 

同じ著者のこの本もあるのか。。

 

 

 

 

 


コメントする

バイク TL-125R フィールドトリッパー

最後期型の白とブルーのタンクのものが気に入っていたが、乗っていたのは青のタンクのその一個前の型。

いちばん乗りやすく、正立して、また胸を広げた姿勢で乗れる。歩くよりも遅く走れる。登山の足につかってみたりしていた。

適当な高いところに登ってしまって、下りるのにびびってみたり、トライアル車のフィールドに行ってみて、そのものすごさにびっくりして帰ってしまったりしていた。ふつうに使っていたのみ。

20号や20号の裏道をずっと走っていた記憶はある。写真をとる習慣はなかった。一瞬、村の売店がみえたが、カーブだったのでそのまま通過してしまった。ちょっと止って食事でも買えばよかったように思う。

その後、一度視力が落ちたのを気にして、また、軽自動車税をしんどく感じるほどだったので売却してしまった。あれはちょっと残念なことだった。

今、同様のバイクの「新車」がなく、どうも乗る気になってない。

 


コメントする

電話機 IT-10

DSCN5531

SONY製の電話機で、MADE IN MALAYSIA とある。IT-10という名称。

B&Oの電話機のようなデザイン電話機が欲しかったときに、逆になにもない安価なものを選んだ。4000円程度だったと思うが、その頃安価とも言えないかもしれない。その後、外資の銀行でも使われてるのをみて、なんとなく納得したことはあったが。結局、ナンバーディスプレイも留守番電話も使うこともなかった。

電話機は趣味的なところが大きいのか。今はシンプルなものがないみたいなのでリンクは控えておく。